不妊の原因を探るために病院や漢方薬局で相談しよう

不妊

不妊治療(卵管鏡下卵管形成術について)

男女

不妊検査の際に子宮卵管造影検査で卵管の通りを確認することが多いです。その際に卵管のつまりが見られたり、卵管が細くなっていたりすると卵管鏡下卵管形成術(FT)を勧められます。
この手術は日帰りでの治療が可能、1回の治療で済むことが多い、身体への負担が少ない、健康保険が適応されるなどの理由から不妊治療を行う多くの患者さんが受けています。
手術の方法は内視鏡(卵管鏡)を内蔵した細い管(カテーテル)を膣から卵管まで挿入し、カテーテルのバルーンを膨らませながら進んでいくことでつまりや狭さを解消するというものです。
手術当日は麻酔を使用するため、車の運転はできません。飲食も当日の朝から控える必要があります。麻酔は局所麻酔か静脈麻酔を使用します。手術自体は30分程度の簡単なもので、麻酔が覚めた後の術後の痛みはほとんどありません。術後は麻酔が完全にさめるまで2~3時間休息をとり、その後医師の診察を受けて帰宅となります。
費用は病院によって差はありますが、入院費を含めて30万円前後です。前もって「限度額適応認定証」を申し込んでおけば窓口での会計学は9万円程度ですみます。もしも認定証が間に合わなかった場合でも申請すれば差額は返金されるので大丈夫です。しかし事後申請の場合、返金までに数か月から半年ほどかかりますので事前に認定証交付の手続きをされることをおすすめします。

コンテンツ

診察中

不妊かも?検査や費用について

妊娠を希望している男女が、ある一定期間避妊せず、性交を継続的に行っているのに妊娠しないことを不妊症と呼びます。自然妊娠できる確率は排卵日近くで20~30%ですが、35歳で10~15%、40歳後半で1~5%と言われています。晩婚化が進んでいる近年、30歳過ぎての妊娠出産は増えています。不妊と言え…

MORE
妊婦と赤ちゃん

不妊治療は女性だけの問題じゃない

不妊という言葉を聞くと女性側に問題があるように思う人が多いと思います。しかし、現代では男性側に問題があることも多いです。夫婦共に問題がある場合、女性側だけに問題がある場合、男性側だけに問題がある場合、どちらにも原因がないのに妊娠しない、ということがあります。不妊治療は精神的にも肉体的にも想像を…

MORE
女性

不妊治療は早期に始める方がオススメ

不妊で悩んでる方は、なるべく早く病院で原因を調べてもらったほうが良いと思います。病院でタイミング療法をうけ、妊娠しやすい時期を調べることができます。毎日基礎体温を測ることも大事です。タイミング療法でもこどもが授からない場合は、次のステップの人工受精にうつります。 人工受精は病院によりますが、1…

MORE
男女

不妊治療(卵管鏡下卵管形成術について)

不妊検査の際に子宮卵管造影検査で卵管の通りを確認することが多いです。その際に卵管のつまりが見られたり、卵管が細くなっていたりすると卵管鏡下卵管形成術(FT)を勧められます。この手術は日帰りでの治療が可能、1回の治療で済むことが多い、身体への負担が少ない、健康保険が適応されるなどの理由か…

MORE